オンラインスロットのスピンで賭ける金額

オンラインスロットのスピンで賭ける金額

インターネットカジノゲームは、日本でどんどん人気が増しています。特にスロットは日本のカジノファンの間で新しいトレンドです。見込みとは、いつオンラインスロットをプレイするかという計画が本当にないことです。もちろん投資にしっかり目を配ることができるのでそれで使い果たすことはありませんが、各スピンに賭ける金額に馴染みがないということはあり得ません。実際に、各スロットスピンで賭けるべき金額を見つけることはさほど難しくありません。すべきことは、目標を見つけて少し数学的なことをすることです。 オンラインスロットの目標を決定する 各スピンで使える金額を見つける前に、目標を立てなければなりません。この間に、プレイしたい日数、毎日プレイする時間、バンクロールの範囲をしっかりと考慮してください。モデルとして、毎日30分間、合計40日間プレイすることを目標とします。さらに、この40日間の間に350ドルの資金を準備します。 合計スピンを計算する 目的を持ってスロットの決定をした後、次の手順はスピン率あたりの現金を確かめることです。今ここで正確な価格を手に入れることはできませんが、予測でかなり近いものを手に入れることはできます。推測の見積もりをしなければならない主なことは、1分間で行うスピン数です。大抵の場合、ロットが考慮される時には、オンラインスロットのプレーヤーは1分間で8回スピンをします。 したがって、1分間に8回のスピンに1日30分を掛けるので、1日に240回スピンをすることになります。この計算を考えると、40日間を掛けるとスピン数はなんと9,600スピンになります。 ベストビデオスロットゲームを10Bet Japanで遊ぼう! 負けのスピンを計算する 計算式を実行する一番簡単な方法は、過去40日間で負けのスピン数に重点を置くことです。負けのスピンを決定するために、プレイしているゲームのペイアウトの比率を知ることが必要となります。ほとんどの人がさまざまなゲームをプレイしているので、今、この数字を突き止めることは少し非実用的です。ですから、多数のオンラインスロットゲームでよくある簡単な93%の平均のペイアウトでやってみましょう。 標準スピンで回数の7%を追跡するので、9,600スピンにこの数字を掛けると、負けのスピンは672となります(0.07 X 9,600スピン)。 最後の手順 計算がすべて適切になったところで、例としてスピンに賭ける金額を見つけてみましょう。バンクロールが350ドルなので、負けのスピン672回で負けるための支払える金額を決定する必要があります(350ドル/672スピン)。計算した後に、40回、30分間のセッションを続けるためには各スピンに52セント賭けると確実に支払いをすることができます。 これを見通しに入れる スロットスピンで使える金額を知ることはすばらしいことですが、実際のゲームとなると物事はいつでもうまく行くわけではありません。 運命次第で、40回以上続けることができる、または40回のセッション前によく負けて資金が底をつくかもしれません。 加えて、プランにしっかりと沿うことができれば、あなたは将来確実にもっと満足できるオンラインスロットプレーヤーになるでしょう。